本文へ移動
株式会社カトレヤ
〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町1-5-27
TEL.0467-23-2530
FAX.0467-24-3638

過去の催し

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「一期一会と絆 第3回写真展」   2011年9月1日(木)〜7日(水)

2011-09-10
 昨年は、充電期間として写真展の開催を休ませて頂きました。その間に各自の感性に磨きをかけ、皆様にご高覧頂ける様に努力して参りました。
 成果を問われれば、まだまだ心許なき限りですが、鎌倉方面へお出かけの機会がございましたら、是非お立ち寄り頂き、ご意見ご感想など賜れば幸いです。

 森正孝 伊藤信正 松下英夫 岩井正男
筑井一二三 井出寿男 中村正紘 藤田利徳

 

「茶釜と絵画 二人展」    2011年8月23日(火)〜30日(火)

2011-08-31
釜師 山口孝雄先生と、画家 山口幸子先生による
茶釜鎌倉風景絵画の小品展です。

両先生の素晴らしい作品をご覧に、ギャラリーは連日たくさんの方々で賑わっていました。
ありがとうございました。

「なつかしの 鎌倉カーニバル 写真展」   2011年8月2日(火)〜10日

2011-08-03
東京新聞記事8月7日
昭和初期・戦後に、鎌倉の海の大イベントだった「カーニバル」を写真と文で展示いたしました。


  ―ごあいさつ―

ここ鎌倉にかつて文化人が提案し、地元が、そして外来者が燃えたカーニバルがありました。
戦後復活したものの、諸般の事情で中止となりました。関連諸行事は全国に発信され、夏の賑わいの話題になりました。

それから50年。鎌倉の海は。東洋一を誇ったプールは、飛び込み台は壊され、その使用如何まで論議。鎌倉の文化発展のため、仙台の故斉藤養之助氏から寄付された坂ノ下の1万坪の土地は雑草の原に。このままで良いのか鎌倉。
 
微力ながら、鎌倉の海の発展を考えていた一人として、かつての夏の行事カーニバルの写真、資料をもとに、市民の方々に新しい海の発展を考える一コマとして、海の季節に提案させて頂きます。
御高見を賜れば幸いでございます。
                 高柳 英麿


 主催 NPOかまくら緑の会
 後援 鎌倉市・(社)鎌倉市観光協会・鎌倉商工会議所

 

「愛と慈しみの絵画展/暮しの器と布・布・布(ふふふ)展」  2011年7月2

2011-08-01
絵画は、大津英敏はじめ、ルネサンス・バロック版画、愛をテーマにした天使や花などがモチーフの優しい雰囲気のものなど、他数十点を展示販売。

北欧のや、インドのストールなど布物その他、いろいろ展示しています。

「掘り出し物コーナー」もありますので、是非お楽しみにご来場下さいませ!

「三人展 朝井閑右衛門 画伯の愛したものたち」  2011年7月15日(金)

2011-07-23
バラの画家と言われた朝井閑右衛門
画伯の作品の多くは、横須賀美術館などに収蔵されています。
私たちは、画伯の残されたアトリエで、かわいい人形や小物たちに出会いました。

作品左より 澤井洋紀/堀内和子/相澤るつ子   
TOPへ戻る